ED治療薬のジェネリック

安いジェネリック医薬品を活用

ED治療薬は保険診療が適用されません。つまり自由診療なので全ての費用を自己負担しなければいけないので、治療費が膨らんでしまいます

代表的なな薬剤はバイアグラです。

海外で登場した直後から圧倒的大人気を呼び、購入者は後を絶ちませんでした。

そして、そのバイアグラが日本に輸入され販売を開始し始めてから、さらに売り上げは伸び№1ED治療薬の座を不動のものにしています。

バイアグラの特徴として挙げられるのはその効力の高さもそうですが、値段の高さも挙げられます。

含有している成分の希少性や配合率があるので仕方ないとは言えますが、EDに悩む人の誰もが簡単に手が届く値段設定ではありません。また、バイアグラは元々高額商品だったのに、何度も値上がりしています。

まさにブランドED治療薬といった扱いです。

この需要と供給が噛み合っていない状況の中で登場したのがジェネリック医薬品のバイアグラです。

そもそもジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、簡単に説明するなら、これまでに効果効力や安全性が実証され認められてきた医薬品と同等の効果効力と安全性があることが認められている低価格な薬剤のことです。

先に出た医薬品(先発医薬品・新薬)というのは特許を取得しており、特許があるから値段設定もある程度は自由で、なおかつ類似品が出回ることはありません。

しかし、その特許が切れると他メーカーにより、同党の効力と安全性を持つ薬がより低コストで作られるのです。資本主義に生きている以上、同じものならより安いのを購入するのが当然ですよね。

この特許が切れた後に作られたものがジェネリック医薬品です。

安全を保障ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品のバイアグラが登場した理由として、低所得層にも安心安全かつ効果も期待できる薬が行き届くようにするインドの医薬品政策の恩恵が非常に大きく、その政策にはバイアグラをはじめとしたED治療薬も含まれていました。

無論、購入した人の口コミの量や長年築き上げてきた信頼があるためバイアグラの売り上げは落ちることはありませんし、今もなお成分や配合率が研究されているので良質なED治療薬として君臨し続けることが予想されます。

しかし、認知度があまりなく、効果に信頼がないジェネリック医薬品だからといって服用しないのは間違っています。

ジェネリック医薬品はコストパフォーマンスに優れた医薬品というだけでなく、厚生労働省がその安全を保障しています。

ED治療薬のような高価な薬剤がジェネリック医薬品となって登場したというのは嬉しい話です。