ED治療薬の基礎情報

ED治療薬の保険診療・適用

EDの治療には保険が適用されません。

普通の治療と異なり、日本ではまだEDが病気として認められていないため、ED治療にかかるお金はすべて自己負担になってしまいます。

しかし、通販や個人輸入代行を利用したり、ジェネリック医薬品として扱われるようになったED治療薬を服用する方法で、EDにかかる治療費を節約する方法があります。

ED治療薬のジェネリック

ジェネリック医薬品をうまく有効活用すると治療費を減らすことができます。

厚生労働省に認可されている「バイアグラ」、「レビトラ」、「シアリス」といったED治療薬の後発医療薬も開発span>されています。

日本で実際に分析されているジェネリック治療薬も複数あり、安心して服用することができるので、医者もしくは、専門知識を持っている人と相談して服用するようにしてください。

通販・個人輸入代行のやり方

含有している成分や配合率などの問題により日本での販売が認可されていない海外の医薬品があるのですが、個人で輸入する分には、転売することは厳禁という枷はあるものの厚生労働大臣の認可は必要ありません。

個人で輸入することは非常に難しく、輸入できる量も法律により定められています。使用言語や支払い手続きの問題もあり、詐欺の原因になることもあるので注意しなければいけません。

個人輸入を代行してくれる優良な業者を探しだす注意点について紹介しています。

ED治療薬の種類

ED治療は現状を打破するためにはかなり有効な手立てと言えますが、EDになった原因を突き止めることと、その原因に対して適した治療薬を投与することが必要です。

治療薬といっても種類はさまざまあります。もちろん症状によっても服用する治療薬は異なります。

当サイトでは、「病院で処方されるED治療薬」、「精力剤サプリ」の2種類について説明しています。

ED治療薬の比較

バイアグラ・レビトラ・シアリスとED治療薬には3つの有名な薬があり、これらすべてで確実性・即効性・持続性のあるED治療を成し遂げることがあります。

しかし、3つの薬にはそれぞれ微妙な効果効能の差があり、また含まれている成分とそれを由来とする副作用も異なるため、ご自身の症状や目的にあったED薬を選択し、服用することが勃起不全改善の一番の近道です。