運動でED治療

ED対策には運動をしよう

運動不足はEDの原因の一つです。

運動不足だと肥満になったり体質に悪影響が出ることは周知の事実ですが、近年ではEDの原因の一つとしても捉えられています。

運動不足の状態が続くと筋力は低下する一方です。

勃起というのは平滑筋の収縮運動による部分が大きいけれど、運動不足の状態だとこの平滑筋の運動も低下してしまうのです。

つまり、運動不足になってしまうと勃起しにくくなる(=ED)のです。

また、筋肉は血液を流し込むポンプの役割も担っているため、運動不足によって筋肉量が低下すると血行が悪くなり、海綿体に流れ込む血流も低下してしまいます。

海綿体に十分な血液が行き届かないと勃起はしないので、EDになってしまいます。

筋肉と血液という二つの面から見て、運動不足はEDの原因になるということです。

運動をすることでED治療または、予防対策にもつながるので、運動治療をおすすめします。

有酸素運動でED治療

運動不足が原因でEDになっている場合、おすすめのED治療法は有酸素運動です。

有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳などが一般的ですが、普段運動をしない方が急な運動をしてしまうとかえって体に過負荷を与えてしまうので、導入は軽めのウォーキングがおすすめです。

このウォーキングの時に足をかかとからつけることで更にED治療に効果が期待できます。

理由として、かかとの付近には男性器や精力にかかわるツボが多く集まっているからです。

有酸素運動の効果は大体20~30分を目安にあらわれるので、可能ならば毎日30分の軽めのウォーキングを心掛けて、ED治療・ED予防をしましょう。

また、適度な運動を毎日続けることで体内脂肪が燃焼しやすくなったり、血流が滞りないようになります。

これは高血圧や糖尿病などの生活習慣病の予防や血糖値のコントロール力の向上にも繋がります。

生活習慣病や高血糖はEDの原因になることが多いので、こういった面からも有酸素運動はED治療・ED予防に効果があります。

運動はストレスの緩和にも繋がる

運動はアドレナリンの分泌を促すため、気分を高揚させる効果と気分をリフレッシュする効果に期待できます。

特に運動の持つリフレッシュ効果は大きく、ストレスの緩和や軽減にいい影響を与えることが科学的にも証明されています。

EDの原因は生活習慣病などの器質性EDだけではありません。

EDの原因にはストレスやプレッシャーなどの心因性EDも含まれます。

つまり、運動をすることでストレスの緩和に繋がるということは、心因性EDの治療・予防にも繋がるということです。