性生活改善でED治療

ED対策にマンネリ解消

ED治療・ED予防のために、自分の性生活を見直すことをおすすめします。

EDになる原因の一つに、意外と思われることですが性交のマンネリ化があります。

長年、寄り添ったセックスパートナーとの性交。互いに互いのツボを知っているはずなのに満足できなくなったということはよく聞く話です。

これは肉体的に見た場合、セックスパートナーからもたらされる刺激に対して慣れてしまったからであり、精神的に見た場合、相手との性交に興奮を覚えにくくなったからです。

つまり、マンネリは器質性ED、心因性EDどちらの原因にもなりうるということです。

性的刺激や性的興奮が低いためにEDになってしまうということです。

このため、「体は健常そのもので性交に対してモチベーションもあるはずなのに、思うように勃起しなくなった」という特異なEDを治療するためには、性交のマンネリ化を打破することが必要です。

クーリッジ効果が有効

性生活への不満、マンネリ化を防ぎ、ED治療・ED予防をするには、クーリッジ効果が有効です。

クーリッジ効果とは新しいメスの存在がオスの性衝動を活気づけることで、男性が浮気をする理由もこのクーリッジ効果に由来するという学説があります。

男性は常に新しい性衝動に対して強い性的関心を抱く傾向にあり、この習慣を用いればED治療・ED予防をすることができます。

もちろん、特定のセックスパートナーがいるのに別のセックスパートナーを探すという浮気を推奨することではありません。

不満を感じてきた場合やマンネリ化してきた場合、普段とは違う行いをすることでクーリッジ効果を得られます。 デートをしてみる、ラブホテルで性交をする、今までに行ったことがないような体位で性交をする……といったようなことが、クーリッジ効果を得ることのできる代表例です。

これらを試した場合、普段とは違う新鮮さを覚えるので、性的衝動が湧き上がり、ED治療やED予防に効果をなします。

マンネリ化は中折れを招きやすいです。

マスターベーションをする時でも毎回同じ媒体を用いていては飽きますし、勃起も完全なものではなくなってしまいます。

これは性交にも言えることです。

「体は健常そのもので性交に対してモチベーションもあるはずなのに、思うように勃起しなくなった」という場合、EDの原因はまず間違いなくマンネリ化です。

セックスパートナーと話し合って、新鮮さを生み出すことが、ED治療やED予防には必要です。