ED治療の種類

ED治療の種類

ED治療には数種類の方法がありますが、EDの治療には治療費や診察費、検査薬、治療薬(ジェネリック医薬品)すべてに健康保険が適用されていないため、治療はすべて自己負担しなければなりません。

そのため、薬選びや病院選びは慎重に行うようにすることが重要になってきます。

EDを治療するための施術やカウンセリング、投薬にかかる費用は決して安いものではありません。

当サイトでは「安心・安全で効き目があるED治療薬」「安心・安全で効き目がある精力剤」「評判や設備、医師の腕がいいED治療クリニック」を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ED治療は以下の方法で行われます。

投薬治療

厚生労働省の認可が下りているED治療薬である「バイアグラ」「テストステロン」「レビトラ」「シアリス」「ヨヒンビン」を服用することによってEDを治療する方法です。

副作用が強いものもあるため用法用量は厳守しましょう。

また、EDに効力があると言われている滋養強壮剤などの精力剤を服用することでも治療を試みることができます。

注意する点として、厚生労働省の認可が下りているということは、専門のクリニックあるいは、薬剤師の指示がなければ服用することができません。

最近では、ジェネリック医薬品と言われる個人が輸入したものをネットでも入手することができます。

手術による治療

専門のクリニック手術を行って治療することもできます。

EDの原因が血管の縮小といったような血管性勃起障害の場合、血液の流入する量を増やしたり血管を拡張させることで改善することができます。

手術は身カール法やファーローフィッシャー法、ハウリ法の3パターンがあり、すべて快復率が9割あります。

カウンセリングによる治療

ストレスやプレッシャーが原因でEDになっている場合、専門医によるカウンセリングでED治療することができます。

カウンセリングの内容は間違った性知識の是正だったり、性的コンプレックスの緩和、ストレスの軽減など様々です。心理的な要因で勃起障害になることもあります。

自分にあった治療の種類を探してみる

この他にも、男性器に注射をしてED治療を試みる方法やコックリングと呼ばれる男性器の機能障害を改善する器具を使った方法、シリコンをペニスに入れて治す方法(プロテーゼ法)があります。

ED治療には様々な種類がありますが、どれか一つの方法ですべてのEDを改善できる訳ではありません。

例えば、カウンセリングを受けたところで血管性勃起障害は治療できませんし、血管を拡張したところでストレス性勃起障害は治療できません。

大事なのは自分のEDの原因を突き止めること、そしてその原因にあった治療法を選ぶことです。