ED治療の効果

原因に適した治療でED解消

ED治療は、EDの原因や状態によって種類や内容が変わってくるので、自分の症状に適した正しい方法、治療をとることが必要になります。

原因に適した治療法でなければ効果は期待できませんし、何よりお金の無駄です。(参考記事:ED治療の種類)

肉体の問題が原因になっているED、精神の問題が原因になっているEDどちらも根本から治療することが好ましく、正しい治療法をとらないと根本からEDを治療することはできません。

肉体的及び精神的なことが原因のED治療にはどういった効果を期待することができるのかを紹介し説明します。

器質性EDの治療の効果

肉体的なことが原因(血管や海綿体などの異常が原因)のEDを器質性EDと言います。

勃起のメカニズムは、性的な刺激を受ける→神経を伝達し脳に情報が送られる→脳から神経を介して情報が送られる→血液作用が多くなる→海綿体に血液が多く集まり凝固するというものです。

つまり、このプロセスのどこか一つに欠陥が生じれば勃起しなかったり、勃起しても途中で中折れ状態になってしまいます。

勃起のプロセスに支障をきたしている器質性EDになった場合、薬剤を服用したり手術による治療をしましょう。 この薬剤と治療の効果は、陰茎への血液量を増やしたり海綿体を刺激に対して敏感にすることで勃起力を高める目的があります。

心因性EDの治療の効果

精神的なことが原因(=ストレスやプレッシャーなどが原因)のEDを心因性EDと言います。

肉体的には何ら問題ないのにもかかわらず、性交に対して何らかの心的問題を抱えている場合や身体に蓄積されているストレスが原因となってEDになる人も多数います。

代表的なのが排卵日EDで、これは妊娠に対するプレッシャーからEDになる状態をさします。

心因性EDは若者に多く、年々増加傾向にあります。

心に問題を抱えている心因性EDになった場合、薬剤投与で気分をリラックスさせるだけでなくカウンセリングによる治療をしましょう。

カウンセリングの効果は、心の不安を取り除いたり間違った知識を是正することを目的としています。

ED治療法は現状を緩和するだけでなく、根本的な治療を目指している手法ばかりです。

まずは、原因を特定し、症状に適した効果がある治療法を試みましょう。