ED治療の副作用

注意すべきED治療の副作用

ED治療の方法で最も多いのがバイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬を服用することです。

バイアグラやレビトラといったED治療薬は厚生労働省の認可が下りている薬剤で、効力は折り紙つきです。

海外で相当数の実績を残しているED治療薬なのですから知名度や効力があるのは当然と言えば当然です。

ただし、効力が認められている反面、含有している成分(クエン酸シルデナフィルや塩酸バルデナフィル)は医薬成分なので人によっては副作用が生じる可能性もあります。

例)クエン酸シルデナフィル

クエン酸シルデナフィルはバイアグラの主成分です。

この成分の主な働きは酵素の活動を抑え、血液の拡張を促すことです。

しかし、血圧が急激に低下する作用もあるので、頭痛や眩暈、立ちくらみ、腹痛、色覚障害、筋肉異常、鼻づまり等の症状が引き起こされることがあります。

ただし、全て一過性のものなので心配する必要はありません。

問題なのは狭心作用のある薬と併用した場合に狭心症を引き起こすことです。

特にニトログリセリン系の心臓病の薬を常用している場合、絶対にクエン酸シルデナフィルを摂取してはいけません。まず間違いなく狭心症に罹患します。

また、何らかの既往症がある場合に服用しても、狭心症を招く恐れがあります。

ED治療薬の副作用

ED治療薬を服用する場合、副作用というリスクがあることを常に頭に入れておかなければなりません。

副作用の出るケースとして一番多いのが、医者が指示した(あるいは薬剤の注意書きにある)用法・用量を厳守していない場合です。

思うような効力が出ない時に、「多く服用した方が良い効果が出るのでは?」という期待を抱いて摂取目安量より多く服用する人がいますが、絶対にそのようなことを行ってはいけません。満足のいく効果が出なかったからといって、過剰摂取することは控えましょう。

また、「高血圧、高脂血、高血糖といった症状がある場合」や「亜鉛含有のED治療薬を服用する場合」にも注意が必要です。

体質に左右される部分はありますが、副作用を招く可能性が大きいからです。

ED治療薬を利用する場合、必ず医師の指導の下、用法・用量を厳守し、正しく服用するようにしましょう。